--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/03/18.Tue

クリムゾン・ルーム

先日、小説「クリムゾン・ルーム」の仮綴本(発売前のゲラ本)を手にする機会があり、さっそく読みました。
読みたくて応募してたから、当選した時はパソコンの前で大喜びだったんだけど
ちょうどテレビを見ていた旦那さんにとっては ちょっとうるさかったみたい


同じ名前の無料のオンラインゲームもあるので、本を読む前にココでやってみたのですが、
シンプルなのにとにかく難しくて、時間を忘れて引き込まれちゃいました。

結局攻略することもできずに・・・・・中止。
また挑戦します!


届いたのは真っ赤な本。
クリムゾン・ルーム
ぶ厚くて細かい字がいっぱい。
正直読めるのかなぁ・・ってちょっと不安になってたけど
いざ読んでみると あっという間に読み進めちゃって、たった2日で終了。
読み終わるまでに時間がかかると思ってたから、こんな短時間で読めるとは意外でした。

率直な感想は「おもしろかったぁ」デス。



作者=高木敏光=主人公。
場所は札幌。
実際の大手企業をイメージさせるような会社名も登場するので、
ノンフィクションなのか、フィクションなのか、
「それは作者であるあなたの体験談なのですか?」と聞きたくなっちゃうほど。


本の内容はあまり詳しく書かないほうが読んだ時のドキドキ感があるので、おおまかにざっとで!

その世界の第一線で活躍していて地位もお金も持っている主人公だけど、どこかダメっぽい。
いつの間にか人生の階段を転落しつつあって、次はどうなるのって心配になっちゃう。
言葉の裏に真実が隠されていたり、主人公を取り囲むナゾ多き登場人物達だったり、
ミステリーあり、サスペンスあり、裏の社会ありだけど、
まったくごちゃごちゃしていないから読みやすかったです。


登場人物たちがとにかくナゾを持っていて魅力的なので、読んでいるうちに
私の頭の中で勝手にイメージ化されて、目の前にいるかのように動いていました。


日常的な話にも感じるし、非日常的な話にも感じる、なんともあいまいというか、
不思議な世界観にいつの間にかどっぷりと漬かっていました。

ナゾの秘密部屋に閉じ込められた主人公のように、私達もこの本を読みながら、
気がつかない間に作者の作った世界観の中に閉じ込められているのかもしれません。


物語はすっきりと終わるけど、でも何か気になっちゃって、もう一度最初から読みたくなりました。


2008年4月に発売予定なので、興味を持った方には読んで欲しい1冊です。
小説「クリムゾン・ルーム」公式サイトを見てね。


 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

母が読書に夢中な間のユズさんはというと・・・・

私が休憩したスキに、私のいた位置へ移動。
ソファ

窓の外を見てるのかと思ったら・・・・・・


自分チェックでした~
ソファ  イケてる?




モニター | Comments(3) | Trackback(1)
Comment
ゲラ本が手に入っちゃうなんて凄いね!
村長さんの文章読んでるだけで気になっちゃうね☆
出産してからなかなか本って読めないからそろそろ溜まってるのから読まなきゃって思うけどこの本も気になるなぁ~
ユズさん自分チェックかわいいね♪

↓つくしも採れるなんて凄いね!ユズさん。
ちゃんとお手伝いできて偉い偉い☆
バケツ持ってるのかわいい~
へー!面白そう!!
あたしも結構本好きだったりするんだよん。
4月発売ってもうすぐじゃん♪
ユズさんは自分チェックしに行ったのかぁw
もちろんイケてるよ☆
↓金八の土手!なるほどー。
うちからやってやれない距離じゃないから
今度探しに行ってみようかな。
●ゆみちゃむさん
出産後はなかなかまとめて本を読む機会ってないよね~
機嫌のいい時か寝てる時に一気に読んじゃったよ。

バケツとかカバンとかすごく持ちたがるんだ。
この時も中身を落とすから渡したくなかったのに
返してくれなかったよ。

●もこちんさん
もこちんさんも本が好きなんだね。
もうすぐ店頭に並ぶと思うよ。

金八の土手は生えてそうだよね。
散歩にもよさそうだね。

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。